環境認識 7/9~7/12



こんにちは!さくです!

近日、暑い日が続きますね~。

前の環境認識からだいぶ経ってしまいました。

最近は株式市場にお熱だったため、FXとは疎遠気味に。

FXの方は円安の流れが続き、その中で急に下がったり全部戻したりみたいな・・・

正直、エントリーしようとすれば、押し目買いでよかったと思うんですが、なにぶんにもやる気起きず。

まぁやる気が起きないときは無理せず、休息期間にしておりました。

そして、本日、FX再開しようじゃないかー!

ということで、久々になりますが、環境認識よろしくお願いします!

通貨はポンド円です。

あくまで自己流の環境認識になるので、参考程度にお願いします。

今週の注目指標発表

7/9(火)23:00アメリカパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
7/10(水)23:00アメリカパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
7/11(木)15:00イギリス5月月次国内総生産(GDP)
7/11(木)21:30アメリカ6月消費者物価指数(CPI)

火、水曜日はアメリカのFRB議長の発言が23:00にあります。要人発言なので、ここはドルの変動と相関性のある通貨は注視したほうがいいでしょう。

木曜日はイギリスの5月月次国内総生産(GDP)とアメリカの6月消費者物価指数(CPI)があります。この日は注意した方がいいですね。こういった指標発表を皮切りに流れが変わる可能性もあるので、慎重にトレードすることをオススメします。

ファンダメンタル

2か月間FXでのブログ更新を休んでいた間に、だいぶ円安進行しましたね。

日本の通貨価値ってそんなに弱いとは思わないんですけど、金利差がある以上円高方向に進まないように感じます。

日本銀行の介入があれば、下がる可能性も・・・

といっても4月末に2回にわたって為替介入を実施したわけですが、結局すぐ高値更新してしまいましたよね?

日本がどんな動きを見せても、市場が頑なに外貨買い。

しかも、米大統領選ではトランプさん優勢で、ドル買いが継続しそうな予感。

いまのところ、円安継続がファンダメンタル的目線だと思います。

テクニカル

週足

下でとった山に対するFE(フィボナッチエクスパンション)の161.8%で下がるのではないかと予想してたんですが、上がってっちゃいましたね。

わかることは、「すごく強い買い」ということと「どこで下がるか予測しづらい」ってことですね。

次に考えられるのは、このFEの261.8%で止まるという可能性でしょうか。

4時間足

なんとなくで平行線を引いてみました。

一定の幅で上昇を続けていましたが、そこを上抜けしてまた平行線の中に戻ってきました。

ずっとBB(ボリンジャーバンド)の中央線の上にいるんですよね。

ちょっと下抜けしてもすぐ押し戻されて、下ヒゲつけているところを見るに買いの勢いが強いのは明らかでしょう。

ただ・・・窓開いてるんですよね・・・

204.4円くらいのところなんですけど、自分が使ってるMetaTrader5だけかもしれないんで、考慮する必要ないのかもしれませんが、もしこの窓埋めるなら一時的な下がりがあるかも・・・

1時間足

ここにも平行線が引けそうなので、とりあえず引いてみます。

ここからは自分の中でのシナリオになります。

まず、少し上がって2個前の山の頭で止まって下落、その後サポートライン3回目の反発でぐーっと上へ。

これは上がりの場合のシナリオです。

仮に4時間足で書いた窓を埋めるような流れになるのであれば、サポートラインを割って下にいくことになります。

15分足

今現在は、直近の下落に対するFR(フィボナッチリトレースメント)50.0%で反発してます。

ただ、1時間足で書いたように2個前の山の頂点がFR61.8%の少し上あたりにあるので、そこまで上がって上ヒゲつけたり停滞するようなら売りたいなと思います。

今週の目線

今週は売り目線です。

ファンダメンタルでは買いの勢いが強いので、あくまで今週トレードするなら売りで少し利益を抜ける場所を探すという感じです。

もちろん、頭で描いたいくつかのパターンに則らないようなら白紙です。

そしたらまた株に逃げます。(笑)

とにかく、FR61.8%あたりで反発しそうなら売って、少し利益がでたら抜けて、サポートライン際でどうなるか注視する流れでいきます。

もしかしたら、木曜日の指標をきっかけに高値更新か窓埋めしに行くか決まるかもしれません。

なので、木曜日は注視したいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA