環境認識GBPJPY 24-1-16


こんにちは!さくです!

1月ももう後半に入りましたね。

まずはご報告。

先週のトレードで今までの利益を打ち消し、マイナスへ転落しましたー。

うーん、なにが原因なのか。

ここ最近思うのは予想ドンピシャだったりするのにエントリーがうまくいってない気がします。

エントリーが早すぎて一度逆方向へいき損切り、エントリーを先延ばしにしたせいでドーンと上がってしまいさらに入れなくなる。

先週上がるだろうって予想して1週間単位では大きく上がっているにも関わらずマイナスですよ!?

キズは浅いほうですけど、ここから取り戻してさらに利益に・・・できるんでしょうか?

男のリアルドキュメンタリー開幕じゃあーーーー!!!

というわけで今後の見通しはどうなるか、ポンド円環境認識いきましょう!

あくまで自己流の環境認識になるので、参考程度に。


ポンド円4時間足チャートです。

前回同様上昇する予測です。

緑の丸で囲ったところは200MAを60MAが抜けたゴールデンクロスですね。

さらに個人的にはエリオット波動の第3波だと捉えているので、大きく上がると見ています。

そしてフィボナッチエクスパンションの161.8%くらいまでいくのではないかと。

以上のことを踏まえて今後は上がるだろうと見ています。

次はポンド円の1時間足チャート。

現在は大きな上昇のフィボナッチリトレースメント23.6%、その次の上昇のフィボナッチリトレースメント50.0%で反転しています。

どちらもよく使われる38.2%と61.8%を外してきてますねー。

現在、上昇に対する調整の下げだとは思うのですが、どこまで下がることやら。

大きな山の頂上で反転しているところを見るとサポートラインがあってもおかしくないし、ゴールデンクロスだし、一応FRの23.6と50.0で上昇ということもありえる・・・。

しかし、ここで安直に買いエントリーして大きなFRの38.2、またはその次のFRの61.8まで下がられると厄介です。

最後に5分足です。

なんとなくですが、三角持ち合いのように見えています。

上のレジスタンスラインで3回目の反発なら最低でもFR38.2%あたりまでは下がるでしょう。

仮にFR23.6%あたりでもう一度止まりそうなら上昇する可能性があります。

個人的にはFR23.6%あたりに200MAがあるのでタッチして上昇が有力です。


今週は買い目線でいきたいと思います。

依然、2024年はどこかのタイミングで円高になる予想です。

ただ最低2か月くらいは上昇と停滞が続くんじゃないかと思っています。

前回同様に長い目ではトリプルボトム、フィボナッチエクスパンション、エリオット波動などを考慮して188円台くらいまで上がるという考えです。

なので、押し目買いを狙っていきます。

下落がきちんと止まったところを確認してからエントリーをするということなんですが・・・。

2023年の最後で大損したように自分の中ではエントリーポイントだと思ってもちょっとズレてから予想通りに動くんで怖いんですよねー。

そして、怖がってるとエントリーチャンスを逃すし・・・。

今年の課題は“損切り“に加えて“エントリーポイントの精度向上”にします。

もしかしたら、注文方法の見直しなどを視野に入れる必要があるかもです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA