金鯱賞(GⅡ)

2020年3月8日の中山11Rで行われるのは、金鯱賞(GⅡ)です。
このレースは中京競馬場、4歳オープン、別定、2,000m(芝・左)となっています。

というわけで、金鯱賞(GⅡ)の枠順確定後の最終予想について書いていきたいと思います。

今回出走する馬は計12頭。

人気 馬番 馬名/騎手名 予想
10 1 ケイデンスコール 中谷 雄太
3 2 ラストドラフト 吉田 隼人
4 3 ニシノデイジー 田辺 裕信
6 4 ダイワキャグニー 内田 博幸
5 5 サトノガーネット 岩田 望来
1 6 サートゥルナーリア C.ルメール
7 7 ギベオン 福永 祐一
9 8 サトノソルタス 藤岡 康太
8 9 ブレスジャーニー 松若 風馬
2 10 ロードマイウェイ 川田 将雅
12 11 ジュンヴァルカン 柴山 雄一
11 12 マイネルファンロン 丹内 祐次

過去10年のデータで見ていきます。
2017年は16頭立てで20万近くつく高配当レースでしたが、例年としては9~13頭立てであまり荒れていないようです。
枠は中~外にかけて優勢で、近10年で初めて昨年のレースにおいて1枠1番のダノンプレミアムが制覇しましたが、 基本的には内で有力馬は、ヒモで考える余地がありそうです。
1番人気の馬は10年で7/10で配当に絡んできていますので、今回の1番人気にも注目です。
前走がGⅠ組の勝率、連対率、複勝率が高いので、前走GⅠ組を軸に組み立てていいと思います。

サートゥルナーリア
やはりこの馬を本命にせずしてどうするって感じですよね(笑)
デビューから8戦【5,1,0,2】で前走の有馬記念(GⅠ)でも引退レースであった
リスグラシューに次いで入っていて能力はお墨付きです。
1,600m~2,500mに対応できる脚をもっており、2,000mであれば余裕だと考えられます。
騎手も皐月賞(GⅠ)と神戸新聞杯(GⅡ)をともに制したC.ルメール騎手なので文句なしです。
前述した通りGⅠ組で現在人気1番、良い枠を引いていますし、軸にしていいと思います。

ロードマイウェイ
デビューから10戦【6,1,0,3】で近5走連覇中で、最も勢いがある馬です。
距離適性も1,600~2,000mで今回のレースに合っていますし、枠の引きも悪くないと思います。
初GⅡ参戦ですし、初めてタッグを組む川田騎手との相性が気になるところではあります。

ダイワキャグニー
重賞最高成績が東京新聞杯(GⅢ)の3着で、能力的には少し劣るダイワキャグニーですが、
過去にはサトノノブレスやロードヴァンドールといった逃げ馬が2着に入っているので、
今回は、このダイワキャグニーが逃げ残りの可能性はあると思います。
2,3着狙いで買っておきたい馬です。

ブレスジャーニー
デビューして出だしは良かったものの、2017年のチャレンジC(GⅢ)以降12連敗したブレスジャーニー。
前走の京都で行われたダート戦で3着に入り、少し立て直したように感じます。
スローペースで好位先行馬が活躍する流れになれば、ブレスジャーニーの得意な展開に持ち込めると期待します。
荒れない場合は5~8番人気あたりで狙ったほうが良さそうなので、穴として予想します。

<予想:3連単ボックス>
サートゥルナーリア
ロードマイウェイ
ダイワキャグニー
ブレスジャーニー

今回のレースは配当面での旨味がなさそうなので、買い目を抑えて勝負したいと思います!
新型肺炎ウィルスの影響で未だ無観客競馬が続いています。
是非、下のバナーから馬券購入していただけると幸いです^ ^
それでは、また来週の競馬予想でお会いしましょう!

馬券購入なら↓からどうぞ!

★極ウマ・プレミアムは日刊スポーツ新聞社の公式競馬予想サイトです。
レース前日の午後7時から新聞掲載と同じ記者の予想印入り出馬表を見ることができます。

↓↓↓競馬予想の参考にぴったりなキラーコンテンツです!!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です