京都記念(GⅡ)

2020年2月16日の京都11Rで行われるのは、京都記念(GⅡ)です。
このレースは京都競馬場、4歳以上オープン、別定、2,200m(芝・右 外)となっています。

というわけで、京都記念(GⅡ)の枠順確定後の最終予想について書いていきたいと思います。

今回出走する馬は計10頭。

人気 馬番 馬名/騎手名 予想
2 1 カレンブーケドール 津村 明秀
8 2 プリンスオブペスカ 藤井 勘一郎
取消 3 クラージュゲリエ 川田 将雅
7 4 アメリカズカップ 和田 竜二
1 5 ステイフーリッシュ 岩田 康誠
4 6 アルメリアブルーム S.フォーリー
3 7 クロノジェネシス 北村 友一
5 8 ドレッドノータス 坂井 瑠星
6 9 ノーブルマーズ A.シュタルケ
9 10 ガンコ 松田 大作

過去10年のデータを加味すると、内枠よりも外枠のほうがやや優勢と言えます。
10年間では7歳以上が勝率0%となっており、7歳で馬券になった唯一の馬は2017年に2着になったスマートレイアーです。
今回の出走馬が彼女に匹敵する力量を持っているとは考えにくいので、7歳以上を切ってもいいかもしれません。
クラージュゲリエが右前挫跖(ひづめの底に起きる内出血)のため、出走を取り消しになりました。
これにより有力候補だった川田騎手の乗るクラージュゲリエを抜いた9頭となります。
一見すると頭数が減って予想しやすくなったように思えますが、このレースは軸が絞り切れない点が難題です。

クロノジェネシス
北村騎手の乗るクロノジェネシスは、デビューから8戦【4,1,2,1】で、着外になったのは前走のエリザベス杯(GⅠ)の5着だけです。
前走では着外であるものの走るメートル数も問題なく、引いた枠も良い位置だと思います。

カレンブーケドール
デビューから9戦【2,4,2,1】で、着外になったのはクイーンC戦(GⅢ)の4着だけという安定感があります。
近走のGⅠレースでも馬券に絡んできていて勢いバツグンで、強さも折り紙つきです。
クイーンCで優勝したクロノジェネシスが今回のレースにも出走いることと、最内枠という点が懸念材料です。

ステイフーリッシュ
昨年の本レースは2着に敗れたものの、勝ち馬ダンビュライトとはクビ差の接戦を繰り広げました。
前走【AJCC】【日経新春杯】組は苦戦を強いられているようなので、少し不安が残ります。

アルメリアブルーム
まだ重賞勝ちの実績はありませんが、ステイゴールド(サンデーサイレンス系)の系統は京都・芝2200mで絶好調なので可能性はあります。 枠も良いので、流れ次第では連対でくるのではないかと思います。

<予想:3連単ボックス>
クロノジェネシス
カレンブーケドール
ステイフーリッシュ
アルメリアブルーム

9頭と少数のレースなので買い目は抑えていきます。
それでは、また来週の競馬予想でお会いしましょう!

追記

レース結果⑦-①-⑤で、予想的中🎯しました!
クロノジェネシスが2着に2馬身差をつける圧倒的走りを見せ、追ってカレンブーケドール、ステイフーリッシュが入りました。
残念ながら人気順1-2-3で、トリガミでした。。。

馬券購入なら↓からどうぞ!

★極ウマ・プレミアムは日刊スポーツ新聞社の公式競馬予想サイトです。
レース前日の午後7時から新聞掲載と同じ記者の予想印入り出馬表を見ることができます。

↓↓↓競馬予想の参考にぴったりなキラーコンテンツです!!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です