ホープフルステークス(G1)

12月最終週、今年最後の祭典ホープフルステークス(G1)がやってきました。
今年はホープフルステークスがG2からG1に昇格して3回目の開催となります。
先週は師走の忙しさから有馬記念(G1)に参加できませんでした。。。(泣)

気を取り戻して令和元年最後のホープフルステークス(G1)に臨みたいと思います。

今回出走する馬は計13頭。

馬番 馬名/騎手名 予想
1 ブラックホール 石川 裕紀人
2 コントレイル 福永 祐一
3 ブルーミングスカイ 田辺 裕信
4 ガロアクリーク 丸山 元気
5 ヴェルトライゼンデ O.マーフィー
6 ナリノモンターニュ M.デムーロ
7 ワーケア C.ルメール
8 クリノブレーヴ 斎藤 新
9 パンサラッサ 坂井 瑠星
10 ディアセオリー 三浦 皇成
11 オーソリティ 池添 謙一
12 ラグビーボーイ 北村 宏司
13 ラインベック 岩田 康誠

まず過去データからのレース印象は、1番人気の馬が優勢であまり荒れないように見えます。
特に近年では外国人騎手が連続優勝をしている点を考慮する必要がありそうです。
以上を踏まえて10番人気以降を外し、1番人気を基点に外国人騎手を入れた買い目でいきます。

本命はC.ルメール騎手の乗るワーケアです。
馬の持ち味も然る事ながら、C.ルメール騎手の有馬記念での不本意な敗退を経てこのままでは終わらせないという強い意志があると思います。
ここで最大限の力を発揮してくるでしょう。

対抗は福永騎手の乗るコントレイルです。
前走の東スポ2歳S(G3)でぶっちぎり優勝だったことで今一番勢いがある馬だといえます。
さらに福永騎手はワグネリアンのような少し体重の軽めな馬と相性がいいのではないかと考えています。
その点では、コントレイルは優勝候補ですが、近年の外国人騎手優勝傾向から対抗にしました。

連穴はM.デムーロ騎手の乗るナリノモンターニュです。
上記した通り、外国人騎手でありオッズとしてもおいしく、可能性のある処で選びました。
正直、ギリギリまでQ.マーフィー騎手の乗るヴェルトライゼンデと迷いました。

大穴は石川騎手の乗るブラックホールと北村騎手の乗るラグビーボーイです。
選んだ理由は完全に名前からです。(笑)
全てを飲み込むブラックホール(CMの受け売り)と今年は日本でラグビーワールドカップが開催され熱狂に燃え上がったことからHopefulに因み願いを込めて買いたいと思います。

<3連単ボックス:賭け金100円>

①ブラックホール
②コントレイル
⑥ナリノモンターニュ
⑦ワーケア
⑬ラグビーボーイ

計60点、6000円勝負!

1月からは令和2年になります。来年はどんな年になるのか。
今回のホープフルステークス(G1)は、名前通り願いが叶うといいのですが。
結果に注目ですね!
それでは、また来年の競馬予想で会いましょう!
良いお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です